RISE英会話★シャドーイングとディクテーション

こんにちは、RISE英会話です!

RISE英会話のある大阪は、とってもよく晴れていて、素晴らしい週末が始まっています。まだまだ桜の季節とは言えませんが、春が近づいてきている気がしますね!

さて、今日は2つの英語勉強法についてお話したいと思います。みなさんは、シャドーイングとディクテーションって聞いたことありますか?どちらも英語学習者にはとても有効な勉強方法ですが、すこ〜し目的が違っています。では、ひとつひとつ見ていきましょう!

 studying

✓シャドーイング

シャドーイングとは、シャドー(shadow/影)という単語が元になっています。聞こえてきた英語を、ぴったり影のように追いかけながら発音する、というのがやり方です。全部をまとめて言うのではなく、聞こえてきた英語にかぶせて発音する、同時に次の英単語を聞く、というように進めていきます。このとき、意味は全く理解しなくてOK。発音やスピーキングなど総合的なスキルアップが見込めますが、特にリスニングのスキルアップにかなり役立ちます。

英会話初心者の方は、文字を見ながら聞こえてきた英語を繰り返して言う、というところから始めてもいいかもしれません。

[CD付]決定版 英語シャドーイング【改訂新版】門田 修平 (著), 玉井 健 (著), コスモピア

ただ、教材はどんなものでもOKです。文字を見ながらシャドーイングなら、例えば洋画のDVDで英語音声・英語字幕に設定しすればOK。文字なしシャドーイングであれば、普段のニュースで英語が流れてきたら数秒パッと発声など。ヘッドフォンなどせずに、自分の声もしっかり聞こえる状態にしましょう。

これに慣れてくると、声に出さなくてもシャドーイングできるようになるので、電車内の英語アナウンスやTOEICのリスニング中などどんな場面でも使える技になります。日常英会話、ビジネス、留学どんな目的の場合でも幅広く役立つ勉強法です。

studyingabroad

✓ディクテーション

一方、ディクテーションは、聞こえてきた英語を「書き取る」練習法です。こちらも教材はなんでもOK。ただ、英会話力というよりは、学校でノートを取る時のリスニングに役立つといえます。例えば海外留学をする人は、必ず実践したい勉強方法です。この時、全部を書き写すのではなく、自分のルールを決めて早く書けるようにする工夫が必要。

初めてディクテーションする時は、ディクテーション用のテキストからスタートするのがおすすめです。例えば、

CD付 究極の英語ディクテーション Vol. 1 横本勝也著、アルク

もっと気軽な感じで、ということであれば、

ゼロからスタートディクテーション 宮野智靖著、ジェイリサーチ出版

などもおすすめです。

 

ということで、目的に合わせて新しい勉強法を実践してみてくださいね!RISE英会話では、お一人おひとりに最適な勉強法のアドバイスも行っております。詳しくは無料体験レッスンで♪

*****************************

大阪狭山市で英会話を学ぶならRISE英会話
完全マンツーマンのプライベートレッスンが、たったの¥4,000〜!今なら特別入校キャンペーンも実施中です。詳しくは、下記バナーから公式WEBサイトへ♪

詳しくは→RISE英会話のウェブサイトへ
RISE英会話の→【料金表】はこちら
通いやすさ抜群!→【アクセス】はこちら

大阪狭山市・富田林市・堺市・河内長野市から通いやすい!
南海高野線「金剛駅」徒歩1分 RISE英会話 金剛校
(難波から約30分、なかもず駅から約20分、北野田や河内長野駅からなら約10分、電車一本です♪)

bannerwebsite